外国為替市場介入(為替介入)の額は当然自分の国のプライド

為替介入(外国為替市場介入)という言葉をご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌、テレビのニュースネットなどの報道で見られた方もたくさんいるでしょう。http://webmania.to

初めから為替介入(外国為替市場介入)というと日本においては、財務大臣が為替の相場の安定性を保てるように施行する方策ということで評価されています。

わかりやすく言うと、極端な円高・円安になった際に財務大臣の指示によって中央銀行(日本銀行)円を取引することで為替相場の安定を狙うといったものです。

為替介入とは種類があるのです。

1.単独介入・・・政府機関または中央銀行(日本銀行)が東京での市場の中で自ら市場に参入してきて為替介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の銀行などが相談したうえ各通貨当局の持ち金を用い同時もしくは断続的に為替介入(外国為替平衡操作)を実行していく。

3.委託介入・・・海外の通貨当局に対して介入の実施を任せる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の銀行などに成り代わって為替介入(外国為替平衡操作)を遂行する。

この通り種類です。

どの場合の外国為替市場介入(為替介入)も短期に、もしくは引き続き為替市場に大きい影響力を与えます。

外国為替市場介入(為替介入)の額は当然自分の国のプライドをかけているだけに桁違いです。

円ベースで例えると、普段は少しだけ変化する為替レートが数円単位の動きをするのです。

投資家の方ならば一度は経験していると思うのですがそれまでは上手に含み資産(または含み損)が増加していた保有高を持続していたところで、キープしている保有高が決済したとのことで連絡が外為の会社からメールが来ました。

どの程度利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済後の報告を見ると自分の中で予想していた結果とはまったく反対の状況になっていてびっくりしてしまうという事例があるのです。

為替介入(外国為替市場介入)が行なわれた場合によく起こることです。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれると、市場のトレンドと正反対の動向をするものです。

加えて変動する金額の範囲は相当大きく変化しますので用心が必要なのです。

Link

Copyright © 1996 www.guanashop.com All Rights Reserved.