印鑑登録証明書交付申請書に必要事項

愛車を売るとき、また自動車の下取り時も印鑑証明書が必要です。アイランドタワークリニック

この印鑑証明について説明しましょう。バイク 売る

印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印として認められているということを証明する目的の書類です。アヤナス店舗

これがない場合には、その印鑑について実印であるという事実が保証できません。ツーショットダイヤル電話帳「妙齢弁天」

決して小さくない取引になる中古車の買い取りですから、どうしても実印が要ることになりますがそれと一緒にこの印鑑証明も必要となるのです。

印鑑証明を発行するには、印鑑証明の手続きをすることが必要です。

書類に登録する印は通称、実印と呼ばれ唯一無二のはんこであることが条件です。

実印を持って、自分が住む役場の取次ぎ所に行けば、印鑑登録の手続きができます。

手続きが済むと印鑑登録カードなるものがもらえてその判子は実印ということになります。

印鑑証明を発行してもらうには市役所などへ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

それから自動交付機を使って印鑑証明の書類を発行することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはありません。

ですから、いつ取得した印鑑証明であっても証明書としての効力は消えないということになります。

ですが、クルマ買取時には必要になるのは三ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。

ほとんどの場合有効期限を気にする必要はありませんが、買取の際は買い取り先の業者が必須となる有効期限を設定していますのでもしも自動車の買い取りを考えているとしたら、はじめに準備しておくことが望ましいです。

Link

Copyright © 1996 www.guanashop.com All Rights Reserved.